ブログに関する役立つ知識をまとめています
PHP

【Web】phpで簡単な会員登録を実装しよう!!『6.会員一覧画面』

第6回では会員一覧画面を作っていきます。

第1回を見ていない方は、わからないことが多いと思うので、以下のリンクから飛んで先に見ることをオススメします。

【Web】phpで簡単な会員登録を実装しよう!!『1.概要説明』『PHPやHTMLを覚えたけど、具体的にどんなものを作ればいいのかわからない・・・・』 と言う人はプログラミング初心者には多いと思...

全体のコード(list.php)

このコードを実行すると、以下のような画面になります。

(表示されているユーザーは、前に作成した会員登録画面で勝手に追加したものです。)

IDが連続になっていないのは、退会画面で削除したユーザーがいるためです。

今回は新しく登録したユーザーを100件まで表示しています。

(後ほどページネーションの実装の紹介をするかもしれません)

コードの説明

このページはログインしているユーザーのみが見れるようにしたいので、まずは以下のようにして未ログイン状態の場合はトップへリダイレクトするようにします。

この画面では、ユーザーのIDとusernameを一覧にして表示するので、HTMLで表を描画するためのタグである<table>を利用します。

しかし、IDとusernameはデータベースに格納されているので、動的にHTMLを生成する必要があります。

これをPHPで解決するには、以下のようにします。

$html変数に<table>のHTMLコードを文字列として格納したものを、echoを使って吐き出すことでHTMLを動的に生成しています。

いつものようにデータベースに接続したあと、

で、データベースから最大100個のレコードを降順(IDが大きい順)に取り出します。

の部分で、IDとusernameの関するHTMLをfor文で取り出した件数分だけループをしています。