ブログに関する役立つ知識をまとめています
PHP

【CakePHP3】Hash(ハッシュ)クラスをコード例と合わせて解説!!

CakePHPを使っている人なら少しは知っておきたいHashクラス。

もちろんHashクラスを利用しなくてもプログラムを書く上で困るようなことはないのですが、利用すれば今までやっていた面倒な配列の操作をカンタンにできるんです。

というわけで今回はHashクラスを実際に使ってみたコードを見ながら説明していきたいと思います。

そもそもHashクラスってなんぞや?

HashクラスはCakePHPで用意されている、配列操作をカンタンにするためのクラスです。

通常の配列操作では以下のような配列から、

『ageが50ものだけを取り出したい』というときには、

という処理をしなければいけませんでしたよね。

もちろん自分でカンタンに配列を操作できる関数を作ってあげてもいいのですが、

管理を人に任せるときには、その人が他人が独自で作った関数まで理解しなくてはいけません。

これではCakePHPという『フレームワーク』を使用している意味が半減してしまいます。

そこでHashクラスのような、『フレームワークを理解している人なら誰でも使える配列をカンタンに操作できる機能があったらよくない?』となるわけです。

CakePHPのHashクラスのページ: https://book.cakephp.org/2.0/ja/core-utility-libraries/hash.html

Hashクラスのカンタンな説明

Hashクラスの詳細な説明に入る前に、カンタンな説明をしておきたいと思います。

・Hashクラス: 『use Cake\Utility\Hash』 で使用できるようになる。

1 2 3 4 5 6